サボテン 多肉植物 道具

多肉植物・サボテンの品種ラベルをラベルプリンターで作る5つの理由

2021-06-01

多肉植物・サボテンの名札作るの面倒だなぁ。 どうしたら良いのだろう?

結論:ラベルプリンターを活用しよう。

多肉植物・サボテンを育てていると避けては通れないのが、品種管理です。

人は忘れる生き物なので、ネームプレートが無いと

この品種何だったかなぁ?

ということが起こります。

手書きでネームプレートを作っても良いのですが、数が多いと面倒ですので、ラベルプリンターで作るのがおすすめです。

ラベルプリンターで品種ラベルを作る5つの理由

理由は以下になります。

平たく言えば、ラベル作るのが楽だし、見た目的にもかなり良いということです。

以下について、詳しく説明していきます。

  • 同じラベルを量産できる
  • プロっぽいラベルが作れる
  • 作るのが楽
  • 名札がいらない
  • 耐久性が高い

同じラベルを量産できる

同じラベルの場合、印刷数と指定すればその数だけ印刷してくれます。

手書きだと1つ1つ品種名を書かないとならないです。

数が多いと結構だるいです。

プロっぽいラベルが作れる

市販されている多肉植物のようなラベルが作れます。

アイコンとかつければ、より一層プロっぽいラベルになります。

オリジナルのかっこいいラベルを作ることができます!

作るのが楽

一度フォーマットを決めれば、後は文字を修正するだけです。

余計なことを毎回考えなくて良いので楽です。

名札がいらない

鉢に直接貼るケースですが、これがいらないです。

created by Rinker
大和プラスチック
¥399 (2024/04/15 09:26:50時点 Amazon調べ-詳細)

ネームプレートの上にラベルを貼っても良いです。

私の環境は風が強いこともあって、ネームプレートが風で飛んでいくので鉢に直接貼ってます。

耐久性が高い

普通に扱っていれば、読めなくなるケースは殆ど無いでしょう。

水に濡れても大丈夫です。

おすすめのラベルプリンター

多肉植物・サボテンのラベルは耐久性が求められるので、熱転写式が良いです。

後、ラベルプリンターで重要なのはPC・スマホ接続機能です。

ラベルプリンターの入力インタフェースを使用して、ラベルを作成するのは面倒なためです。

熱転写式の代表的なのはテプラです。

テプラのおすすめの機種を紹介します。

SR5900P

私が使用している機種です。

左がQL-820NWB、右がSR5900P

USB接続、有線LAN、無線LAN接続が可能でPC、スマホから使用できます。

ちなみに左に写っているのはBrotherのQL-820QWBです。

こちらは、感熱方式で植物のラベルには向かないです。

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥21,222 (2024/04/15 09:26:51時点 Amazon調べ-詳細)

PRO SR-MK1

スマホ専用ですが、SR5900Pよりお手頃価格で入手できます。

色がベージュとカーキの2種類あります。

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥12,145 (2024/04/15 09:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

多肉植物・サボテンのラベル作りには、テプラはかなりおすすめなので、所有していない方はこの機会に購入すると良いでしょう。

 まとめ

多肉植物・サボテンの品種ラベルをラベルプリンターで作る理由を紹介しました。

品種ラベル作る以外にも使い道はあるので、1つは持っておくと便利です。

created by Rinker
ダイオ(Dio)
¥895 (2024/04/15 00:13:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥518 (2024/04/15 05:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

-サボテン, 多肉植物, 道具