サボテン 多肉植物 道具

多肉植物・サボテンでのクリーンカップ・クリアカップの使い方

2020-12-29

楽に種まきできる方法って無いのかな?

多肉植物・サボテンの種まきをするのって、準備するものが多くて面倒なことがあるかなと思います。

今回は、多肉植物やサボテンを種子から育てるのに使用する、クリーンカップについて解説していきます。

クリーンカップ・クリアカップの使い方

クリーンカップは透明な蓋付きの容器です。

多肉植物を育てていると、使う人もいればそうでない人もいます。

どんなときに使うのか

主に、実生するときに使用します。

実生のやり方も色々あるので、クリーンカップを使わない方も多くいます。

つまり、必須アイテムでは無いということです。

なぜ使われるのか

実生のとき、発芽させるのに湿度を上げるために蓋をしたり、サランラップをかけたりします。

クリーンカップは、プラスチック製の蓋がついているので、蓋をするのが楽です。

また、加工がしやすいので空気穴を作りやすかったり、透明で光を通すのが使われる理由だと思います。

おすすめのクリーンカップ

私は以下のサイズのものを使用しています。

品種によりますが、100粒くらいは蒔くことができます。
129パイ430BL
寸法(直径Φ×高さH)(mm) : 129×60
容量(mL) : 540
耐熱温度(℃) : 60
高さ(mm) : 60

 

私はモノタロウで購入しています。

おすすめの多肉植物の通販サイト

多肉植物を通販で買うのって不安だなぁ…。 近くにホームセンターとか無いから、通販で資材を買いたいけどどこで買えばよいのだろう。 この疑問に答えていきます。 おすすめの多肉植物の通販サイト 多肉植物は店 ...

続きを見る

多肉植物の資材の購入先
おすすめの多肉植物の資材の購入先[ホームセンター?通販?]

多肉植物の道具ってどこで購入すれば良いのだろう?] ホームセンターに行って土を買っても、持ち帰るのは重いし大変だなぁ 多肉植物やサボテンの資材や備品の購入は、どこで購入していますでしょうか? 一般的に ...

続きを見る

created by Rinker
リスパック
¥1,510 (2024/04/15 19:51:49時点 Amazon調べ-詳細)

使い方

・蓋をカッターで十字に切り込みを入れます(空気穴)

・多肉植物の培養土を2/3程度入れます

・種を蒔きます

・水を入れます。土の表面に水が浮き上がってこない程度が良いでしょう

・蓋をして、発芽しやすいところに置いておきます。

※発芽しやすいところというのは、気温が適温のところです。嫌光性の種子の場合は暗いところに置く必要があります。

使い勝手はどうなの?

腰水する環境を準備するのが面倒ならありです

  • 培養土入れれば準備が完了するので楽
  • 移動が容易

私は、室内に取り込みたい場合にクリーンカップで実生することが多いです(シーズン外の種まきなど)

品種を多く育てたいが、それぞれの蒔く数が少ない場合、スペースを無駄に取るのと、水やりする手間が発生するのがネックです。

品種が多くないけど、大量に育てたいときは使い勝手良い印象です。

 

一方で、普通の鉢に植えた場合は植え替えまでの時間を稼げるので、腰水できるなら普通の鉢の方が楽かもしれません。

 

植え替えの時期

品種や発芽率にもよりますが、3ヶ月-半年くらいで植え替えた方が根詰まりしないでしょう。

 

まとめ

クリーンカップについて解説しました。

created by Rinker
リスパック
¥1,510 (2024/04/15 19:51:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ダイオ(Dio)
¥895 (2024/04/16 00:14:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥518 (2024/04/15 05:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

-サボテン, 多肉植物, 道具
-,