サボテン 多肉植物

高価、高額な多肉植物やサボテンとは

2020-11-08

高価、高額な多肉植物やサボテンってどうなんだろう?

今回は高額な多肉植物やサボテンについて紹介します。

高価、高額な多肉植物やサボテンとは

多肉植物やサボテンが高額になる要因について説明します。
供給よりも需要が多いほうが価格が高額になります。

流通量が少ない

流通量が少ない品種は需要を満たせないため、結果的に高額になります。

多肉植物やサボテンの珍しい品種や希少種についてでも解説しています。

多肉植物やサボテンの珍しい品種や希少種について

多肉植物、サボテンの珍種や希少種には、どんなものがあるのだろう? 人によって楽しみ方は様々で、気に入った品種を単品で育てたり、寄せ植えしたりとかがあります。 楽しみ方の1つとして、珍しい品種や希少種を ...

続きを見る

人気がある or 人気が出る

メディアに取り上げられたりなど、人気が出る品種があります。
その場合、供給よりも需要が多くなり値段も高額になる場合があります。

輸入制限がある

日本国内で流通する多肉植物やサボテンは栽培されたもの以外に、現地から輸入したものがあります。
ですが、ワシントン条約によって現地からの輸入が制限されている場合は、輸入制限前に輸入されたものか日本国内で増やしたものしか流通していません。

そのため、数が少ないため高価になる傾向があります。

生長するのに年数がかかる

生長するのに年数がかかると、増やすのにも時間がかかります。
そのため、数が少ないため高価になる傾向があります。

数が増えにくい

数が増えにくいと流通しにくいため、値段も高額になる傾向があります。

原種

同一の品種でも、採取された場所が示されている場合があり、その場合は高額になる場合があります。

珍しい形状や色合いをしている

綴化や斑入りの場合、高額になる傾向があります。

高価、高額な多肉植物やサボテン

随時品種を増やしていきます。

高価、高額な多肉植物

ガステリア 臥牛錦
オペルクリカリア パキプス
フォークイエリア プルプシー(Fouquieria parpusii)

高価、高額なサボテン

アズテキウム ヒントニー
アリオカルプス 姫牡丹

まとめ

今回は高価、高額な多肉植物やサボテンについて紹介しました。

-サボテン, 多肉植物