サボテン 多肉植物

多肉植物・サボテンの根腐れについて解説

2021-12-18

多肉植物・サボテンの根腐れってどんな感じなの? どうやって治せば良いの?

根腐れは多肉植物・サボテンのトラブルの代表格かなと思います。

私も過去やらかしたことがあります。

本記事では、多肉植物・サボテンの根腐れについて解説していきます。

多肉植物・サボテンの根腐れとは?

文字通り、根が腐ってしまう症状です。

根だけでなく多肉植物の内部まで進行するので、発見が遅れると致命傷になる可能性があります。

根は土に埋まっているので、気づかないうちに症状が進行してしまいます。

主な原因

蒸れてしまう(過湿)が主な原因です。

過湿になってしまうのは、

  • 水のやりすぎ
  • 乾燥しにくい土、鉢を使用している
  • 湿度が高い環境に置いている
  • 風通しが悪い環境に置いている
  • 日当たりが悪い

です。

根腐れの判断方法

見た目と触った感触で総合的に判断します。

土が1週間以上乾燥していないときは、一度確認したほうが良いでしょう。

葉が変色したり、ぶよぶよになったりします。

土が湿っている状況で多肉植物・サボテンを持って動かしてみます。
根腐れが疑われる場合は、多肉植物・サボテンが動きます。

土が乾燥していると、多肉植物・サボテンはある程度動くので注意しましょう。

復活方法

根腐れしてしまった場合、復活させる方法はあるのかな?

復活方法はあります!

手順としては、

根腐れしてしまった根や腐った葉を切ったりして取り除きます。

場合によっては、根が全て無くなることもありますが、残しておいても仕方がないので取り除きます。

切り口に根腐れ防止剤(殺菌剤)を塗布します。

薬を使用しなくても大丈夫な時もありますが、塗布しておいたほうが良いでしょう。

風通しの良い半日陰、日陰に置いて乾燥させます。

切り口の断面が広い場合は、新聞紙に包むと良いでしょう。

なお、乾燥にはそれなりに日数がかかります。

初根してきたら鉢植えします。

 

根腐れの再発防止策

根腐れしてしまった株が発生した場合、環境に問題がある可能性があるので対応しましょう。

  • 1週間程度で鉢の中まで乾燥しているか確認する
  • 置き場所の環境をチェックする
  • 水やりのタイミングが適切かどうか見直す

1週間程度で鉢の中まで乾燥しているか確認する

水やり後、1週間程度で鉢の中まで乾燥しているかどうか確認します。

乾燥しているかどうかは鉢を持って重さをチェックしたり、棒を差し込むことで確認します。

湿っている場合は、根腐れする可能性があるので乾燥しやすい土・鉢に変更します。

置き場所の環境をチェックする

多肉植物・サボテンの置き場所に問題がある可能性があるので、確認しましょう。

  • 日当たり
  • 風通し
  • 湿度

日当たり、風通しは感覚で判断することになるかなと思います。

湿度は湿度計を使って確認しましょう。

湿度計でおすすめはswitchbotです。

グラフも出せるので状況を詳細に把握できるでしょう。

経験上、日中に平均70%以上超えていると、問題あることが多いです。

なお、雨季はどうしても湿度が高くなるので、どうしようもないです。

水やりのタイミングが適切かどうか見直す

多肉植物・サボテンの生長が緩慢な時は、水分を吸う量が減るので過湿になる傾向があります。

育てている種類の特性をチェックして、水やりの回数、タイミングを見直しましょう。

まとめ

多肉植物・サボテンの根腐れについて解説しました。

created by Rinker
ダイオ(Dio)
¥895 (2024/05/28 04:15:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥553 (2024/05/28 09:21:01時点 Amazon調べ-詳細)

-サボテン, 多肉植物