サボテン 多肉植物 道具

失敗しない多肉植物・サボテンの植木鉢選びについて

2021-01-08

多肉植物とサボテンに適した植木鉢はどんなのだろう?

植え替える機会って数年に1回だから失敗したくないなぁ。

今回は、多肉植物・サボテン向けの植木鉢の選び方について紹介します。

失敗しない多肉植物とサボテンの植木鉢選びについて

植木鉢には様々な種類があります。検討すべきポイントを解説していきます。

素材

素材の違いによって、植物や土に与える影響が異なります。

プラスチック

プラスチックは空気を通さないので、培養土は乾燥しにくい特性になります。

外気の温度の伝わりやすさは、プラスチック部分の厚さと色によって差があります。

プラスチック部分が薄い場合は、外気温度が伝わりやすいですが、放熱しやすいです。

一方、プラスチック部分が厚い場合は、外気温度は伝わりにくいですが、温度を保持しやすい傾向があります。

黒い色の場合、鉢の温度が上がりやすく、培養土に熱が伝わりやすいです。

陶器

釉薬が塗ってあるか否かで若干特性が異なります。

釉薬が塗っていないほうが、より空気を通すので培養土が乾燥しやすい特性になります。

外気の温度は伝わりにくいです。

缶は寄植えとかでよく使われています。

おしゃれなものが多く、自作もしやすい素材です。

缶は空気を通さないので、培養土は乾燥しにくい特性になります。

外気の温度は伝わりやすいですが、放熱もしやすいです。

缶は高熱になりやすいので、注意が必要です。

形状

鉢の形状によっても植物に影響があります。

丸形

丸い形の植物の場合、鉢の縁との距離が一定になるので相性が良いです。

四角形

トレーに収めやすいというメリットがあります。

スリット形

丸形でも四角形でもスリットが入っているものがあります。

通常、根が鉢の周りをぐるくる張って、絡まってしまうサークリングという現象が発生します。

スリットが入っているものは、根がまっすぐ伸びるので絡まってしまう現象が発生しにくくなります。

鉢底穴

鉢底穴がない場合がありますが、水をやりすぎると底に水がたまり根腐れの原因になります。

ない場合は穴を開けるようにしましょう。

多肉植物・サボテンの根腐れについて解説

多肉植物・サボテンの根腐れってどんな感じなの? どうやって治せば良いの? 根腐れは多肉植物・サボテンのトラブルの代表格かなと思います。 私も過去やらかしたことがあります。 ハオルチアの根っこだめになっ ...

続きを見る

どれがおすすめなのか

結局どれを選べば良いのでしょうか。

いくつか案を提案したいと思います。

以下の記事で詳細を解説しています。

多肉植物・サボテンのおすすめ植木鉢

多肉植物・サボテンを育てるのにおすすめの植木鉢ってどれだろう? 植木鉢って色々あるので、どれにしようかかなり迷うと思います。 この記事では、おすすめの植木鉢を紹介しますので、参考にしてみてください。 ...

続きを見る

植物の成長を求める場合

プラスチック製の黒鉢がおすすめです。

鉢の温度が適度に上がりやすく、初根の促進につながりやすいためです。

根腐れが心配な場合

過湿に特に弱い品種のケースは、釉薬が塗っていない陶器を使用すると良いでしょう。

培養土が乾燥しやすくなるので、根腐れしにくくなると思います。

ただ、培養土や風通しなど鉢以外の要因も重なって根腐れはするので、注意は必要です。

多肉植物・サボテンのおすすめ植木鉢

多肉植物・サボテンを育てるのにおすすめの植木鉢ってどれだろう? 植木鉢って色々あるので、どれにしようかかなり迷うと思います。 この記事では、おすすめの植木鉢を紹介しますので、参考にしてみてください。 ...

続きを見る

おしゃれな鉢が良い場合

好きな鉢を選べば良いです。

欠点には気をつけて取り扱えば良いかと思います。

まとめ

今回は植木鉢の選び方について紹介しました。

 

created by Rinker
ダイオ(Dio)
¥895 (2024/04/16 00:14:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥518 (2024/04/15 05:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

-サボテン, 多肉植物, 道具
-,