サボテン 多肉植物

多肉植物・サボテンのトラブル対処法

2020-12-11

多肉植物・サボテンは元気に育っていますでしょうか。

サボテンは枯らすことが難しいと言われていますが、それでも様々なトラブルが発生します。

今回は多肉植物・サボテンに関するトラブルの紹介と対処法を紹介します。

多肉植物・サボテンのトラブル対処法

各種トラブルを紹介します。随時更新中です。

多肉植物を軽く押すと、鉢内で動いてしまう

鉢内に土が入っているのにも関わらず、多肉植物が動いてしまう原因としては、根が腐っている可能性があります。

一応、土が完全に乾燥している場合は程度動くことはあります。

ですが、元気に育っている場合は、根がしっかり土に張っていますので、軽く触った程度では動くことはありません。

確認方法:鉢から多肉植物を抜いてみる

外見からだけだと良くわからないので、鉢から抜いて根の状態を確認します。

品種によって根が異なるので、一概には言えないですが、腐っている場合は以下の症状があります。

・根がぶよぶよしている
・茶色っぽい(元気な根は白っぽいです)

 

根が腐ってしまうのは以下の要因が考えられます。

・風通しが悪い

・土の排水性、通気性が悪い

・日当たりが悪い

・水やりの頻度が多すぎる

 

対処法:腐っている根を取り除き、新規の根が生えてくるのを待つ

腐っている根を取り除きます。

根がなくなってしまって心配になるかと思いますが、多肉植物の身が元気なら、自然と根が生えてきます。

多肉植物をむき出しにした状態で放置しておくか、鉢に土を入れてその上に置いておきます。

改善方法

改善方法としては以下が挙げられます。

・風通しを良くする
・培養土の種類を変更する
・日当たりの良い場所に置く
・水やりの頻度を下げる

 

ひょろひょろと変な形になってしまった

光を求めて成長してしまっています。

この現象を徒長と言います。

ものごと一般的に大きくなる=良いことなのですが、植物の場合は一概にも良いとは言えません。

格好が悪くなりますので、なるべく徒長がないように育てるようにします。

多肉植物・サボテンの徒長を解説。徒長しないための3つのポイント

育てていた多肉植物が徒長してしまったけど、どうしよう… 対策はあるのかなぁ~ 本記事では、徒長について詳しく解説していきます。 徒長とは 様々な要因によって、茎が通常よりも伸びてしまう現象です。 徒長 ...

続きを見る

確認方法:同じ品種の写真を確認する

徒長しているかどうかを判断するには、育てている品種のことを知らないといけません。

格好良く育っている姿を知ることで、そうでない姿が分かるわけです。

対処法:徒長した部分を切り落とす

徒長した部分は縮める事はできないので、形を整える場合は、切り落とすという選択肢しかないです。

品種に応じてやり方を調査する必要があります。

  • 剪定が可能な品種は、徒長した部分を剪定することで形を整える
  • 胴切りが可能な品種は、胴切りをして縮めます。

改善方法

改善方法としては以下が挙げられます。

・風通しを良くする
・日当たりの良い場所に置く

 

多肉植物・サボテンが曲がってしまった

光を求めて生長するので、日当たりが特定の方向からしか来ない場合は、その方向に生長してしまいます。

確認方法:外見の確認

外見で判断できます。

 

対処法:180度回転させて置くようにする

置き場所を変更しない場合は、180度回転させて置くことで曲がりを矯正します。

改善方法

改善方法としては以下が挙げられます。

・日当たりが様々な方向から来る場所に置く
・定期的に多肉植物の向きを変える

 

まとめ

今回は多肉植物・サボテンに関するトラブルの紹介と対処法を紹介しました。

created by Rinker
ダイオ(Dio)
¥895 (2024/04/16 00:14:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥518 (2024/04/15 05:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

-サボテン, 多肉植物