Haworthia(ハオルチア) 多肉植物

オブツーサをキラキラに育てよう【ハオルチア】

2020-11-22

オブツーサをキラキラに育てたいけどどうすれば良いのかな。

こういった疑問に答えます。

オブツーサをキラキラに育てよう

オブツーサをキラキラにするには、オブツーサにとって快適な環境にするのが大切です。

以下の3つの要素のバランスを整えることで、オブツーサはきれいに育ちます。

  • 日当たり
  • 風通し
  • 水やり

例えば、日当たりが強すぎると、焼けてしまいますし、不足すると徒長してしまいます。

日当たり、風通し、水やりのバランスを意識して育てましょう!

オブツーサはハオルチアの一種なので、ハオルチアの育て方が通用します。

多肉植物のハオルチアの育て方と増やし方

多肉植物のハオルチアってどうやって育てれば良いのだろう? 今回は多肉植物のハオルチアの育て方と増やし方について紹介します。 多肉植物のハオルチアの育て方と増やし方 私も多数のハオルチアを育てていますの ...

続きを見る

多肉植物・サボテンの徒長を解説。徒長しないための3つのポイント

育てていた多肉植物が徒長してしまったけど、どうしよう… 対策はあるのかなぁ~ 本記事では、徒長について詳しく解説していきます。 徒長とは 様々な要因によって、茎が通常よりも伸びてしまう現象です。 徒長 ...

続きを見る

日当たり

弱めの光が必要になります。

イメージとしては、レースのカーテン越しの光くらいです。

直射日光が当たる場所しか置き場がなければ、遮光する必要があります。

多肉植物・サボテンに遮光ネットは必要か?

多肉植物、サボテンって太陽好きなんだよね?遮光ネットって必要なの? こういった疑問に答えます。 多肉植物・サボテンに遮光ネットは必要か? 多肉植物・サボテンに遮光ネットは必要なのでしょうか? 答えとし ...

続きを見る

風通し

風通しが良い所に置くようにします。

オブツーサは湿度が高めの所に置いておくと、きれいに育つと言われています。

ただ、蒸れた状態がずっと続くと根腐れしてしまいます。

適度に風通しを良くして、鉢が乾燥していく環境を作る必要があります。

多肉植物・サボテンの置き場所について解説

多肉植物・サボテンを買ってきたけどどこに置けば良いのだろう? 多肉植物・サボテンの置き場所について、気にしたことはありますでしょうか。 良く聞くのは、「サボテンなんて枯れないよ」みたいな声です。 実際 ...

続きを見る

水やり

鉢の中まで乾燥してから水やりをします。

土、鉢、置き場所を調整して1週間に1回程度水やりするのが良いでしょう。

多肉植物・サボテンの水やりの上手なやり方について【失敗しない】

多肉植物の水やりってどうやれば良いのだろう… 前に水やりすぎて腐らせてしまったし、失敗したくないなぁ。 今回は多肉植物の水やりについて解説していきます。 サボテンにも有効です。 多肉植物の水やりの上手 ...

続きを見る

オブツーサの種類

オブツーサには原種のオブツーサと交配種が存在します。

トルンカータ(Haworthia cooperi var truncata)

トルンカータは原種で、丈夫で育てやすい初心者にもオススメの品種です。

園芸店でも良く見かける品種です。

丸い葉で小型の窓を持ちます。

通称オブツーサと呼ばれるのがこの品種です。

園芸名は雫石(しずくいし)

水が足りなかったり、日当たりが強すぎると赤みがかってしまいます。

ドドソン紫オブツーサ(Haworthia 'Dodson Murasaki Obtusa')

紫がかったオブツーサです。

葉の窓が大きく透明度が高い品種です。

ブラックオブツーサ(Haworthia obtusa 'Black')

黒みがかったオブツーサの総称です。

珍しい品種です。

まとめ

今回はオブツーサをキラキラに育てる方法について紹介しました。

created by Rinker
ダイオ(Dio)
¥895 (2024/04/15 00:13:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥518 (2024/04/15 05:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

-Haworthia(ハオルチア), 多肉植物
-, ,