サボテン 多肉植物 道具

多肉植物・サボテンのおすすめ植木鉢

2021-04-29

多肉植物・サボテンを育てるのにおすすめの植木鉢ってどれだろう?

植木鉢って色々あるので、どれにしようかかなり迷うと思います。

この記事では、おすすめの植木鉢を紹介しますので、参考にしてみてください。

多肉植物・サボテンのおすすめ植木鉢

私の個人的主観がかなり入っています。

対象の読者

・多肉植物・サボテンの植木鉢をどれにしようか迷っている
・ググってみてもイマイチ良くわからない
・数多くの品種を育てるため省スペース求む
・見た目も大事だが生長重視

おしゃれに可愛くしたいという観点は入っていないです。

重視する項目

重視する項目は以下となります。

供給安定性

気に入った鉢を安定して入手できること。

取り扱いをやめてしまうお店とかあるので、そうすると入手先を考え直す必要があり、頭を悩ませます。

価格

安いこと。

また、通販の場合は送料含めて安く収まること。

鉢だけで送料無料まで購入するとなると、それなりの数を購入する必要があります。

それを含めて安く収まること。

省スペース

複数の鉢を効率よく置けること。

紹介する鉢に共通する項目

これから紹介する鉢について、共通する項目について説明します。

おすすめはプラスチック製

見た目以外はほぼ万能選手です。

・柔軟性がある
・熱を通しやすく根の生長が良い
・薄い(熱を通しやすい、トレーに収めやすい)
・軽い
・壊れにくい

買うなら専門店か通販

ホームセンターなどの園芸店では、特定の鉢を入手するのは難しいです。

たまたま近くのホームセンターでほしい鉢が売っていれば良いのですが、そうでないケースの方が多いかと思います。

個人が安定して特定の鉢を入手するなら、専門店に行ったり通販サイトで購入した方が良いです。

おすすめ鉢の紹介

具体的な鉢を紹介します。

プレステラ


アップルウェアー プレステラ 90型 10組 ブラック

四角形の鉢で、ラインナップは幅と深さの組み合わせとなっています。

幅は90、105、120

深さは通常サイズと深鉢の2種類があります。

・幅90
・幅90深鉢
・幅105
・幅105深鉢
・幅120
・幅120深鉢

プレステラの良い点と悪い点は以下。

・四角いためトレーに収めやすい。
・比較的入手しやすい。
・スリットで根がサークリングしにくい
・鉢底土が不要
・インテリアとして考えた場合、見た目は良くない。

実生用として使ったり、小さめの品種に使用するのが良いです。

深鉢はハオルチアのように深く根を張る品種に使用します。

プレステラについては以下の記事で解説しています。

多肉植物でプレステラ90を使う理由とおすすめのプレステラの種類

プレステラってよく聞くけど、どういう鉢なんだろう? プレステラという鉢があるのはご存知でしょうか? プレステラは以下のような、四角型のプラスチック製の鉢です。 アップルウェアー プレステラ 90型 1 ...

続きを見る

スリット鉢

兼弥産業のスリット鉢。

丸型の鉢でスリットが入っています。

浅い鉢なので根の量が多かったり、長かったりすると収まらないケースがあります。

ビニールポットほどではないが、柔らかい鉢なので持つと変形して土に影響を与えます。

サイズラインナップは潤沢なのだが、2.5号と3号鉢は売っている場所が限られています。

・トレーに収めやすい。
・スリットで根がサークリングしにくい
・鉢底土が不要
・インテリアとして考えた場合、見た目は良くない。
・鉢が柔らかく土に影響を与える
・鉢が浅いので土があまり入らない
・土の量の関係で土が乾燥しやすい

2.5号鉢は40穴トレーにすっぽり入るので、トレーに収める観点から言うと使いやすいです。

10粒程度、サボテンの種を蒔いたりする時にちょうど良い。

2.5号鉢は土の量が少なく、水やりしても土が乾きやすい傾向はあります。

ご紹介、兼弥産業のスリット鉢の特徴

兼弥産業のスリット鉢を愛用しています。 兼弥のスリット鉢の2号鉢、2.5号鉢を良く使ってます。以下の特徴があるかなと思ってます。 ・機能性がある(サークリングしにくい) ・トレーに収まりが良い ・ビニ ...

続きを見る

FR鉢

丸型の鉢で土の量が多く入るのが特徴的な鉢です。

店売りの多肉植物を購入すると、この鉢に入っていることが多いです。

縁が開いているので、トレーに収めると隣の鉢に干渉します。

・どの品種でも使いやすい。
・売っている場所が限られている。
・縁がトレーに干渉する。

FR鉢は土が多く入り縁が開いているので、どの品種に対しても使いやすい印象。

ただ、トレーの穴にうまく入らなかったり、入っても隣の穴に干渉したりする問題があります。

ミニ蘭鉢

丸型で細身の鉢です。

この鉢も縁が開いているので、トレーに収めると隣の鉢に干渉する。

今回取り上げている鉢の中で最も干渉する。

見た目がスタイリッシュでインテリア・エクステリア的に良いと思います。

・どの品種でも使いやすい。
・インテリアとして通用するクオリティがある。
・売っている場所が限られている。
・縁がトレーに干渉する。
created by Rinker
所沢植木鉢センター
¥1,000 (2024/04/15 11:35:10時点 Amazon調べ-詳細)

セラアート

縁が広がっておらず直線的な形状をしているのが特徴的な鉢です。

トレーなどに対して収まりが良い反面、根に近い位置から広がるような植物には使いにくい。

なお、お椀型の鉢もあるので品種によって使い分けると良い。

店頭では5寸以上のサイズしか置いてないことが多いので、小さいサイズを購入する場合はネットショップがおすすめ。

Yahoo!ショッピングに公式ECサイトがあります。

MEIWACO Yahoo!ショップ

サイズが大きくなるとプラスチックが厚くなり、インテリア映する感はある。

・トレーに収めやすい。
・インテリアに通用するクオリティがある。
・サイズの小さいものは店頭ではあまり売っていない
・鉢底土が必要(鉢底の穴が大きい)
ご紹介、meiwaのセラアートの特徴

meiwaのセラアートを愛用しています。 セラアートの長鉢を良く使っています。 ・トレーに収めやすい。 ・インテリアに通用するクオリティがある。 ・サイズの小さいものは店頭ではあまり売っていない ・鉢 ...

続きを見る

created by Rinker
¥1,350 (2024/04/15 08:29:44時点 Amazon調べ-詳細)

結局の所どれが良い?

結局の所どれが良いのかという話だと思います。

どの鉢も良いところはあるので、好みの鉢を使用すれば良いと思います。

個人的には以下がおすすめです。

1位:プレステラ

2位:セラアート

どちらもトレーに収めやすいのと、入手性が高いのがおすすめの理由です。

FR鉢、ミニ蘭鉢は縁が隣の鉢に干渉するので、置き方を工夫する必要があります

兼弥産業のスリット鉢は、まとめて購入したりしないと入手しにくいサイズがあるので、おすすめしなかった理由です。

created by Rinker
¥1,350 (2024/04/15 08:29:44時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

多肉植物・サボテンのおすすめ植木鉢を紹介しました。

created by Rinker
ダイオ(Dio)
¥895 (2024/04/16 00:14:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイポネックス
¥518 (2024/04/15 05:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

-サボテン, 多肉植物, 道具